サイトメニュー

マリッジブルーのピーク

女性

7割近くの人がマリッジブルー?!

結婚に関する悩みが強くなると、マリッジブルー症状があらわれることがあります。しかし、あるアンケートによれば結婚式を行ったカップルの7割近い方々がマリッジブルー症状に陥ったと答えています。7割、この結果が示すところはマリッジブルー症状が異常な状態でなく正常な反応だということでしょう。つまり、結婚や結婚式というものは個人で対応するには大きなイベントであり、悩むのが当たり前だということなのです。そして、マリッジブルー症状に悩む方の多くが女性なのも結婚によって人生が大きく変化するからなのでしょう。結婚をすると当然ながら配偶者との共同生活が始まります。結婚するまで同棲していないカップルであれば、少なからず他人がいる状況に居心地が悪いと感じることもあるでしょう。また、これまでの生活習慣の違いにも遭遇するでしょうから、慣れるまでに時間がかかるはずです。しかし、マリッジブルー症状にもピークがあり、その多くは結婚式の準備を始めた頃だと言われています。つまり、結婚式の準備をスタートさせたら、徐々に不安も軽くなっていくのです。また、結婚式の準備に対して単純に悩んでいるのであれば、プランナーに相談して式の段取りを鉄だってもらいましょう。

悩むより会話を!

マリッジブルー症状に悩んでしまった場合、まずはパートナーと話し合い、二人で解決するようにしましょう。特に、女性の場合多くの不安を抱え込みやすいので決して突き放すことがないように男性側が支えてあげましょう。仕事が忙しい、予定があるのはお互い様です。結婚式の準備は二人が夫婦として行う最初の作業だといっても過言ではありません。「君の好きにしていいよ」と相手にばかり任せてしまうと、症状の悪化に拍車をかけることになりかねません。二人で幸せになりたいのなら、小さなこともできるだけ話し合い、1つずつクリアしていきましょう。それでもマリッジブルー症状に悩んでしまう場合は、心療内科や心理カウンセラーに相談してみるのも1つの策です。当人同士だから感情的になり、意見がまとまらないこともありますが、専門家が間に入ってくれることで冷静に問題と向き合うことができます。

Copyright© 2019 マリッジブルー症状とは?幸せのはずが悩む理由を理解しよう All Rights Reserved.