サイトメニュー

結婚の不安と思考

医者

結婚と母親像

女性が結婚をすると子供をもつことを連想することも多いでしょう。自分の家庭をもつことは、おのずと子供を作ることにも関係してきます。ただ、これまでパートナーと自由気ままに楽しく過ごしていた日常が、結婚や子供によって変化してしまう。このことが無意識の内にプレッシャーになることもあります。このプレッシャーが大きくなると「マリッジブルー症状」になってしまいます。マリッジブルー症状は幸せな結婚を目前にすると起こる不安症の一種です。その多くは何気ない変化によるものです。

嬉しいはずのプロポーズが悩みのたねに

女性なら「結婚してください」というプロポーズに胸踊らすことかと思います。ただ、数日たつと勢いまかせの返事でよかったのかと不安になり「マリッジブルー症状」に陥るケースもあるでしょう。結婚は恋愛とは異なるベクトルで行われる共同生活です。もちろん愛情も必要ですが、育児や家事、仕事と決して楽しいことだけではないのです。そんな現実を突きつけられて一気に不安になることもあるでしょう。マリッジブルー症状になってしまっては嬉しいはずのプロポーズも不安のたねです。漠然とした不安を抱えても問題は解決しません。一度自分で結婚について向き合ってみましょう。例えばノートに不安を書き出し、本質的な悩みの根源を見つけてみましょう。箇条書きにすると思っているより悩みが軽い場合もあります。ただ、向き合った結果不安が拭えない場合は、専門家のちからをたよるのも1つの策でしょう。例えば、心理カウンセラーや心療内科などを頼り、マリッジブルー症状について聞いてもらいましょう。

Copyright© 2019 マリッジブルー症状とは?幸せのはずが悩む理由を理解しよう All Rights Reserved.